食事はバランス

体重を落とすために取り組んだことを一つ紹介します。

糖尿病食事療法のための食品交換表という本があります。

食品のカロリー計算は結構面倒です。
でも、食品交換表では、1単位=80kcalとして
1単位当たりの食品の量がどれぐらいか(例えば、ご飯なら茶碗半杯)が
表になっています。
この表を参考にすれば、
1日にどういったものを、どれぐらい食べるのが良いかが容易に判ります。

私も主だった食品は、パッと見ただけで、
どれぐらいが1単位か判るほど覚えてしまっていました。

どのぐらい食べても問題がないのか、大ざっぱに判るととても便利です。

糖尿病の食事療法の基本方針は
総エネルギーの枠をこえないこと
栄養素のバランスを保つこと

です。
その二つを守るために食品交換表は大いに役立ちました。

糖尿病の人は「糖を摂ってはいけない」というように誤解していましたが、
大事なのは栄養のバランスだということを学びました。


ただし、血糖値が上がらないようにするには
糖質を控えるべきという考え方があります。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-671.html
(↑とても参考になるブログです。)

糖質は食後血糖をすぐに高値にするという特徴があります。
たんぱく質や脂肪とカロリーが同じであっても血糖値の上げ方が違うのです。
これは、原因を取り除けば、問題も出ないという理にかなった考え方です。
また、血糖値が高い人は糖質を摂りすぎているから、と考えれば
この状態はバランスが崩れている訳ですから、
糖質を「抑え気味」にすれば丁度バランスが取れていると言えます。

食べすぎを防ぎ、栄養のバランスを取れば、
高血糖を防ぐと共にダイエットにつながる
というのが
私の持論です。
※あくまで自論ですから、治療過程の人はお医者さんの指導に従うべきです。

無理なくダイエットを続けるためには、偏った食事の仕方ではなく、
まずは、バランスを考えた食事を摂りましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック