医療費の負担と医療保険について

病院へ行って健康保険証を見せれば、医療費の負担が減ります。
義務教育就学前なら2割、70歳未満なら3割、70歳以上なら1割(ただし、現役並み所得者は3割)だけを負担すれば良いのです。
また、高額療養費の場合も負担が小さくなります。
→参考:高額療養費の払い戻しについて
それでは、保険会社の医療保険に入る必要があるか、入らなければならないかについて検討してみましょう。

医療費計算の元になる診療報酬、健康保険があっても自費で負担する費用などについて説明します。


医療費、診療報酬について
http://life21.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/02/post_e4c4.html

健康保険によって給付がある場合、ない場合
http://life21.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/02/post_d481.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック