ペット(コンパニオン アニマル)が伴侶の時代

少子化時代。
これは親が老後、子供に頼れなくなる時代の到来でもあります。

そして、結婚しない人、離婚・死別した人など1人暮らしの人が増えています。

しかし、このような情勢の変化の中で増えている存在
それがペット(今ではコンパニオン アニマルと呼ばれている)です。

コンパニオンとは伴侶のことです。

生きているかぎり連れ添う配偶者のような存在です。
昔、ペット型ロボットがちょっとしたブームになりました。

でも、それでは心を癒してくれません。

やはり、生きている、そして、主人の行動に反応してくれないと、かけがえのない存在になりえないのです。

それがペットなのです。
ずっと前は、子供に欲しいとねだられて飼っていたのが、今は大人が求める時代に変わっているのです。

だから、相談者の気持ちを理解しようとすれば、ペットのことも考えてあげないといけないのだと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック