高額医療・高額介護合算制度の申請開始

高額医療・高額介護合算制度の申請が平成21年8月から開始されます。

つまり、健康保険と介護保険の両方から給付を受けている世帯の自己負担を軽減する制度が始まるのです。

健康保険では以前紹介しましたように高額療養費制度というのがあって、患者負担の上限医療費を超えた金額が支給される制度があります。

また、介護保険でも高額療養サービス費の上限が決まっており、負担が軽減されるようになっています。

そして、今回、医療と介護の両方に自己負担が生じた世帯で、上限額を超えると請求によって越えた金額が支給される制度が始まったのです。

自己負担上限額は以下の通りです。
※自己負担額は高額療養費制度等によって支給された金額を差し引いた金額です。

高額医療介護合算制度の自己負担限度額(1年間)
所得    70歳未満   70歳以上
上位     126万円    67万円
一般      67万円    56万円
低所得者   34万円    31万円、19万円


申請手続きですが、
①医療保険・介護保険の受給者は介護保険者(市区町村)に申請します。
②市区町村から負担額証明書がもらえます。
③負担額証明書を医療保険者(健康保険組合)に申請します、
④健康保険組合が受給者(申請者)に支給する金額を計算します。
⑤健康保険組合および市区町村から受給者(申請者)に支給します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック