混合診療について考えましょう

がんの診療で免疫療法を行う場合、保険がきく診療を受けたい場合は他の病院でやってもらってくださいと言われます。

なぜ、そんなことが言われるのか。

その理由を理解するには、混合診療のことを知っておく必要があります。

日本の健康保険制度では、「健康保険がきくもの」と「健康保険がきかないもの」があります。
「健康保険がきくもの」は「保険診療」と呼ばれ、厚生労働大臣が価格を決めています。
一方、美容整形など「保険がきかない」ものは「自由診療」とよばれ、医療機関が価格を自由に決めてよいことになっています。

混合診療とは保険診療自由診療を併用(混合)することです。

そして、国は原則として混合診療を禁止しています。

もし、混合診療を行うなら保険診療部分も含めて全額を患者負担にする決まりになっているのです。

ただし、混合診療の禁止に対しては可否両論があります。

日本医師会は

「医療が、国民の生命や健康をより高いレベルで守るという公共的使命を強く持つものだからこそ、すべての国民が公平・平等により良い医療を受けられる環境でなければなりません」

という考え方から、混合診療に反対しています。

つまり、「保険診療でだれもが必要かつ適切な医療を受けられる」ことが国民皆保険の理念であり、患者の支払能力の格差が医療内容の格差をもたらすのは、その理念に反するという立場です。

参考)日本医師会 http://www.med.or.jp/nichikara/kongouqa/index.html

その他に、以下のような観点からの反対意見もあります。
安全性が確立したと国が認めていない医療が横行する。
保険診療が低い水準に固定される。
不当な患者負担を増大させる。

しかし、高度先進医療が発展していく中で一部例外的に、混合診療が認められつつあります。
その例外について次回書きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック