三方一両損

三方一両損という言葉があります。

名奉行大岡越前守の名裁きのことです。

ある男が三両拾って、番屋(交番みたいなもの)に届け出た。
そして、落とし主が判った。

ところが、落とし主が「お金は拾った男のものだ」と言って受け取らない。

一方、拾った男は、「落とし主のものだ」と言って、やはり受け取らない。

結局、話が付かないため、お白州(しらす)で裁判が開かれることとなった。

裁くのは、大岡越前守だ。

その場でも、双方譲らず、お金を受け取らないと主張する。

有名な話だから知っている人も多いと思う。

大岡越前守は自分の懐から、財布を取り出した。
中から一両出して、渦中の三両に加えた。

そして、男たちに二両ずつ分け与えて、裁きの口上を述べたのだ。

「お前たちは三両手に入るところが二両しかない。奉行は一両出した。
だから三人とも一両ずつ損をしたことになる。
これで円く収められないか」

町民たちは、この名裁きに拍手喝采したとか。

今の世の中なら、自分から損をするなんて考えられない、という声が聞こえそうですが、この三人は小さい損で大きな得を得たとは思いませんか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック