歴史的な自民党の敗北で日本が向かう先は

昨日の衆議院選挙で自民党が大敗しました。
予想通りと言えばそうなのですが、これから先の国政はどうなるのでしょう。
民主党が選挙前に掲げたマニフェスト通りに進めば、隠れた増税とばらまき政治が始まります。
財源はこうしたいという希望だけで、すでに確保できているわけではありません。
一方で、ばらまきはしていくでしょうから、財政破綻が加速される可能性は高いでしょう。
例えば、高齢者医療制度。
制度を見直すことによって手続きがどうなっていくのか、先が見えてきません。
負担を減らさなければなりませんから、歪んだ制度になるかもしれません。
そして、その付けを誰が負担するかが問題です。

そもそも、こうなった責任は自民党と公明党にありますから、両党が議席を減らすのは当然ですが、政権欲しさに「ばらまき」をちらつかせた民主党は責任を持って舵取りをして欲しいと願います。
小選挙区制によって議席に大きな差が出ましたが、民主党の政策を全て支持している国民は多くないと思います。
是非、郵政選挙で大勝した小泉政権のように好き放題強行するのでなく、謙虚に政治を進めて欲しいと思います。

追伸
ファイナンシャル・ブランナーとしては緒制度がどう変わっていくか、目が離せません。勉強することが増えそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年08月31日 11:49
始めまして
民主大勝で世の中変わるんでしょうか?
少しは期待できるんでしょうか?
株式市場も好感?折込済み?
組閣を見るのが楽しみですね

この記事へのトラックバック