健康で長生きしよう

人生50年と昔は言われていました。

小さい頃から、昔の人は短命だったのだなあと思っていましたが、その理由は判りませんでした。

「人生50年」と言っていた織田信長が亡くなったのが、49か50だったと思います。

それが頭に残っていて、人は50になれば死ぬものなのだ、それが進化して現代ではなぜか80や90まで寿命が伸びたのだとも考えました。

でも、それは違っていました。

人は80、90、100まで生きるものなのです。

遺伝子による人の寿命は120歳とも言われています。

徳川家康や豊臣秀吉は高齢でした。また、織田信長も明智光秀に謀反を起こされなければ、もっと長生きしていたでしょう。

一方、下級兵士は戦で早く命を落とし、多数の農民は過労で死んだり、病気になっても医者に診てもらえなかったことでしょう。

そう考えれば、現代は医療が発展し、社会環境が整備され、殺し合いが減ったから寿命が伸びたことが判ります。

つまり、昔に比べて長生きできることが当たり前なのです。

だれでも病気になります。
それは避けられませんが、環境が整えば、多くの日本人は90やそれ以上、生きられるのです。

そして、大事なことですが、生きるならば前向きに生きたいものです。

気持ちを前向きにもてば、精神的に健康で長生きできると思います。

もし、「不治の病」で寿命が短かかったとしても、寿命一杯まで、前向きに長生きできるのだと。

「前向き」とは夢や目標、生きがいを持つことだと考えています。

それは誰でもが持てるものなのです。

補足
残念ながら、夢や生きがいを奪う「社会環境」もあります。だから、夢や生きがいをサポートする環境づくりが大切だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック