地デジに備えて変えるものはテレビだけ?

2011年にアナログ放送がなくなります。
それに変わるのが地デジ(地上デジタル放送)です。
それに備えてテレビを買い換えたり、地デジ対応チューナーを買わないといけません。
しかし、古い家では、それだけでは駄目の可能性があります。
まず、アンテナが地デジ対応である必要があります。
仮に対応していても古いものは傷んでいます。
そして、電波が弱くなっているようなら、交換しなければなりません。
それだけではありません。
屋内配線をやり変える必要があるかもしれません。

アナログ放送なら電波が弱いと「映りが悪い」で済みます。悪くても余程ひどくない限り辛抱すれば良いのです。
ところが、地デジはそうはいきません。見られたものではありません。
アンテナで電波を拾う場合、局によってテレビが写りにくくなります。地デジなら見られなくなります。
屋内配線をやり変えるのは家の構造やテレビの数にもよりますが、大事(おおごと)です。
アンテナの付け替えよりも面倒です。
ですから、映りがどうなるか早い目にチェックした方がいいです。

それから、テレビを見る方法はアンテナだけではありません。ケーブルテレビやeo光があります。
この際、思いきって変更する人も多いことと思います。
その場合も同じ問題があります。次回、書きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック