人が亡くなった時にしなければならないこと<1> (通夜まで)

人が亡くなると遺族は悲しみに包まれますが、そのつらさを振り切ってやらなければならないことが山ほどあります。

でも、何をどうすれば良いのか判らないことが多いと思います。

ここに、簡単ですが、やらなければならないことをメモしておきます。

まず、通夜、葬儀までの流れを書きます。

★ ★ ★ ★

1.死亡診断書
  ・主治医の先生に書いていただきます。
  ・病院で亡くなられた場合は病院でもらえます。

2.病院からの搬送
  ・病院から自宅、もしくは、葬儀屋等へご遺体を運びます。
   業者へ依頼すれば良いでしょう。

3.式の形式を決定
  ・家族葬が増えつつあります。
   簡素ですが、遺族の負担は小さく済みます。
   故人の希望も考えて決めましょう。

4.通夜、葬儀・告別式の日程の決定と式場の確保
  ・葬儀屋に連絡して日と場所を抑えます。
   会場を借りる場合は、空いているかどうか確かめます。
   葬儀の時間は斎場(火葬場)の空き具合で決まります。
   葬儀屋さんに任せるのが良いと思います。

5.親族、ご近所、友人等への連絡
  ・遺族が連絡するのはつらいものです。
   親戚の方などが代わりにしてあげると遺族は助かります。
  ・家族葬の場合は、どこまでの人に参列してもらうか決めます。

6.市役所への手続き
(1)死亡診断書
(2)死亡届
  ・死亡診断書の隣のページにあります。
  ・市役所へ行く。そこで火葬許可をもらいます。
   葬儀屋さんによっては手続きを代行してくれます。
   地域によって、火葬料を徴収されます。
(3)火葬許可書
(4)住民票末梢など
  ・死亡届を行った後、官公庁に対するその他の諸手続きがあります。
  ・例えば、住民票末梢で、住民課で手続きします。
  ・住民票が消えた事(転出とか死亡とか)を証明するのが
   住民票の除票です。
  ・手続きによって10日から2週間の猶予があります。
   後述します。

通夜、葬儀の準備は次回に続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック