ユーロの動きに翻弄される

昨日は、一昨日抱えた含み損(ユーロ/円、ユーロ/ドル)を最小の損失で解消しました。
放っておいてもユーロは昨晩夜中から今朝にかけて下がったのですが、それは結果論。
含み損を2万円ほどのマイナス(損切り)に抑え、昨夜の追加取引で利益を上げ、相殺しました。

ただ、追加取引で買いも入れたのですが、決済しないまま日を超えたのが災いしました。
今朝起きると、ユーロ、ドル共に大きく値を下げ、今度は昨日とは反対方向の含み損を抱えてしまうことになりました。
そのため、今日はこの解消に全力投入です。
日中、上がってくれれば何もしなくても損が解消してラッキーなのですが、上がらなければ夜に挽回の取引に臨まなければなりません。

当面ユーロは上げ下げを繰り返すでしょう。
ユーロ圏の経済的な安定が確認されるまでは、これまでずーっと下げてきたのが反転して上昇トレンドに切り替わらないと思います。
しかし、何を節目に「安定」したと投資家が判断するか、それが問題です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

めぐり
2010年05月28日 14:46
ということは、無事損は解消されたんですね
2010年05月28日 17:33
残念ながら損切りのタイミングを逃しました。
大損です。
損切りせずに待っておけば大きな利益が得られることもあれば、タイミングを逃して失敗することもあります。大損を避けることが最も大事です。

この記事へのトラックバック