5月最終日 海外は休日でも相場は動く

5月31日(月)、米国は「Memorial Day (戦没将兵追悼記念日)」 により休日です。
また、イギリスではスプリング・バンクホリデー(国民の祝祭日)にあたります。
そのため、米国や英国の金融市場もお休みなので、株価や為替はあまり活発に動かないかもしれません。

でも、早朝からドル円は90.94円から91.42円(9:22)へ、ユーロ円は111.63円から112.55円(9:22)へと上昇。
先週、株安やスペインの格下げがあったにもかかわらず、です。
この円が売られたことと連立政権からの社民党離脱は関係があるのでしょうか。
このニュースは鳩山総理に対する国民の支持が減っただけで、大方の予想通りであり、相場に影響を与えるほどのインパクトはないと思います。

ただし、円安が進めば国内株には良い兆しとなって、株安が多少抑えられる可能性があります。
そうなれば円高に戻ることも考えられますので、朝から見られるドル・ユーロの上昇は、やがて反転したり、再度上がったり、ウロウロと上下することが予想されます。
読みどおりであれば、ドルとユーロの売買を仕掛けましたが、両方とも利益が上がりそうです。

ところで、iPad発売は予想通り、日本でも大きな反響を呼びました。
従来のパソコンを使ったインターネットよりも市場が広がるのではないかと期待されています。
高齢者など器械に苦手な人が簡単にネット取引や情報交換できるようになるなら、ますます情報リテラシー(情報を使いこなす能力)の壁が低くなり、とてもすばらしいことだと思います。
今や広告、ネット取引に携帯電話が使われていますが、さらにネットの裾野が広がるならば、これに乗り遅れない企業が伸びてくるのでしょうね。
日本全体が乗り遅れることのないことを望みます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

めぐり
2010年06月01日 08:49
「円安が進めば国内株には良い兆しとなって、株安が多少抑えられる可能性」

そうなんですね~!
私はこの辺の仕組みが全然わからないのですが…^_^;
まあ少しずつわかるようになっていけばいいなと思ってます。
2010年06月02日 00:43
為替が上下する因果関係ほど難しいものはないですし、結局短期取引はチャートに頼らざるを得ないですね。

この記事へのトラックバック