鳩山首相辞任も株価、為替に響かず

昨日は、+14,000円と好調は持続しています。

鳩山首相が突然の辞任表明。
その影響で少し円が売られ、円安に。
そして円安が株価の低調をやや抑えました。
が、結局、その波及効果は小さいもので、為替は上下に揺れ、株価も大きく下げたまま終了。
一時的な影響しかなかったと言えます。

でも、その間隙で利益を上げることができました。

欧州の要人発言はユーロの安定化を訴えるものが多く、今後は日本の政局不安定と合わせてユーロ高、円安方向に動くのでしょう。
でも、限定的なものと考えられ、やがては、ユーロは下がっていくと思います。
この不安定な状況の下で軽々な売買は慎んだ方が良いと思います。


さて、鳩山さんの功罪、特に沖縄問題について・・・
罪なのは、「最低でも県外」と言ってしまったこと。
理想に向かって努力するのは良いが、無責任と言われても仕方がない。
そして、海兵隊の重要さを知らなかったと本音を漏らしたこと。
正直な人だと感心しますが、リーダーとしては情けない。
功の方ですが、沖縄の問題を日本中に知らしめたこと。
辺野古への基地移転が日米で合意されていたことを知らなかった人は多かったのではないか。
そして、米国に対して、発言力が強まったこと。
まだまだ弱いという見方もありますが、これまでに比べれば、沖縄の声をアメリカに伝え、何でもアメリカの言う通りにはいかないという日本の意思を示せたこと。
国防にかかわる問題なので簡単に解決できないのは当然。
でも、日本の抵抗を見せることができたことで、一層、日米の協力関係は強まると思います。
・・・が、総理が変わって、どうなるでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック