参議院選挙が株価、為替に与える影響

いよいよ参議院選挙の投票を迎えます。
この選挙結果によって、政権運営が変わり国民生活も影響を受けます。
自民党による長期政権が崩れてからは、「ばらまき政治」、「対米関係の混沌」、「事業仕訳」などなど政策は変わったように見えますが、国民生活が本当に良くなったかどうか、まだ何とも言えません。
それでも自民党末期のような衆参両議院のねじれが解消されたので、大きな混乱はなくなっています。

ところが、今度の参議院選挙で再びねじれが起こる可能性が出てきました。

もし、そうなれば株安、円売りが進むでしょう。
民主党の単独過半数なら政策の中身はともかくも、株は下がらず、円売りもないでしょう。
今の連立与党の過半数割れなら、一旦、株は下がり、政権の枠組みがどうなるかによって、再び持ちこたえるでしょう。
そこで、もし与党連立の過半数が維持できなければ大変です。
民主党内の責任問題が出てきて党の分裂の可能性もあると言われています。
まあ、民主党が割れないにしても、この先不透明感が増して株安、企業業績下降の悪循環に陥る危険性は、ありです。
これで円が買われるとは思えません。
(それでも、為替が予想を裏切る可能性はあるのですが)

来週月曜日の株、為替は予測が付きません。
一旦、手じまいしておきたい所ですが、含み損解消までドルは売らないことにしましたので、持ったまま週明けを迎えます。非常にリスキーです。

ちなみに、昨日の戦績は、ユーロ買いを中心に進めて
5000円の儲けです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック