参議院選挙の結果と消費税

民主党が敗れ、改選議席まで及ばないことが確定しました。
それに対し自民党が改選議席第一党です。
一人区の勝負では自民党が民主党に圧勝しています。

今回の民主党の敗因として、消費税の件が言われています。
菅首相が突然、消費税を上げる話を持ち出し、「自民党の出した10%を参考に」という訳のわからない発言がスタートだったと思います。

その後、支持率が下がるや、消費税論議を開始したいと、発言を修正。
さらに、低所得者を対象にした負担軽減策に関する発言がいい加減で、どこまでの収入の人を対象にするのか、どういったやり方で行うのか、発言がぶれまくり。
また消費税の使途についても明確に言わず、というよりは言えないという所に問題があったと思います。

結局、消費税をどうしたいのかを曖昧な形にしたまま選挙に突入し、民主党は敗れました。
でも、消費税が争点にならなければ、子供手当の政策修正と財源問題、日米関係、医療保険や年金等の社会保障政策などなど、結局、民主党が有利だったとも言えないと思います。

さて、この選挙のポイントは与党が過半数を取れるかどうかでした。
そして、このような結果になって、政権の枠組みも関心が高まりますが、消費税がどうなるのか、も注目です。

自民党は消費税を10%にすると言って大勝したわけですし、消費税増税反対を言った共産党、社民党の結果はおもわしくなかったです。
つまり、消費税が上がる方向に大きく進んだと言えます。

これは経済にとって大きなことで、財源問題に一定のケリがつくのではないかという「期待」があります。

さて、政権混乱で円安になるか、消費税に関連して円高になるか、どちらにせよ大きく動く要素があるわけで、為替トレードにとってはチャンスです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック