日銀の役割って何ですか

米国では、バーナンキFRB議長が議会で「米経済見通しは異例に不確か」と証言しました。
その結果、株価が下がったようです。
その煽りで日本の株価も下がってしまいました。

一方、日銀の山口副総裁は「特定の為替レートの水準を前提に金融政策を考えることはしない」という趣旨のことを述べました。
これは、1ドル=85円に円が上昇しても日銀は何もしないということを意味しているのでしょうか。
日銀の役割は景気を観測して判断するだけなのでしょうか。
為替が日本の経済にとって影響が大きいとしても、それをただ見守るだけなのでしょうか。

1ドルが85円になれば円売り介入があり、買いづらいという観測があって歯止めになります。
でも、それがないのであれば、どんどん円高になってしまう可能性もあります。
実際に「売り」の介入を行うかどうかを決めるのは大変なのでしょうが、日銀は介入しないというようなメッセージは出す必要がないと思います。
円高、株安、企業業績の悪化と進んで欲しくないですね。

経済の要人の発言は、株価や為替に影響を与えるだけでなく、実体経済の動向にも関わってきます。
是非、景気がよくなるように政策を打ち出して欲しいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック