為替の大幅下落を検知できるか

為替が2~3ヵ月に1回は大幅な下落をすることを書きました。
↓(参照)
http://life21.at.webry.info/201007/article_5.html

もし、それが早目に察知できれば、大きく儲けることができますし、売りを入れていたら損切りのタイミングを逃さずに実行できます。

問題は早く検知できるか、どうかです。

今回、過去のケースを調べて検討しました。
そして、ある特徴を見つけましたが、誤検知も多くて、合致率は16%程でした。
これでは、検知と言えないかもしれませんが、普段行っている取引で使っているルールと組み合わせれば、役に立つように思います。また、さらに改善を加えたいと思います。

次の機会に使ってみて実際役に立つかどうか、結果を書きたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

えんどう(へなちょこFX)
2010年07月07日 00:50
 是非、結果をアップしてください。とても関心があります。
 いつも読んでいます。コンパクトにまとまっていながら、なるほど、と思わせる記事が多いです。視点、見方に感心しています。
 
2010年07月09日 00:14
読んでいただき、ありがとうございます。
合致率16%と言っても、大抵の大幅下落は検知できていますので、次に起こるのが楽しみです。

この記事へのトラックバック

  • IMFの評価は為替に影響するのか

    Excerpt: IMF(国際通貨基金)が日本に対し、「消費税を上げるよう提言」と言った記事が目を引きました。 欧州金融危機の発端となったギリシャの債務問題を見れば、日本の膨大な債務を見逃すわけにいかないのでしょう。.. Weblog: Shall we go?(資産を増やしませんか) racked: 2010-07-17 01:09