日本経済の危うさ

今、日本と中国の関係が悪くなっています。 尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で中国人船長を拘留しましたが、それ以来、中国は様々な形で日本に圧力をかけてきました。 中国政府は船長の拘留に対し、「中日関係に深刻な影響を及ぼす。中国側は船長を直ちに無条件で釈放することを求める。日本がかたくなに過ちを重ねれば、強い報復措置をとる。その結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読みにくい展開

予想通りドル円はこう着状態から大きく変化しました。 上がるか、下がるか、確率は五分だったのですが円高に振れました。 円高と言うことは更なる為替介入が待っています。 それでも、円高圧力が強いということですね。 ここで気を付けないといけないのは、為替介入の可能性をみながらトレンドに乗っていかなければならないことです。 頑張って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

為替変動はこう着状態

日本の為替介入でドルが上がり、その後、大きな変動が起こっていません。 その理由は、ドルの上昇で円買いに走っていた投資家が大損したことだと思います。 円の追加買いをする所だったのが、逆に円を手放さなくなったのですから、再度円買いに走りにくいでしょう。 また、再度為替介入が起こった場合、同じような失敗をしたくないという投資家心理も働い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスクヘッジはFXの生命線

日本政府の為替介入で一気にドル円は2円-3円上昇しました。 ここから何を学ぶべきでしょうか。 この上昇をチャンスととらえて儲ける、というのは普通の答えです。 答えは、リスクヘッジこそFXの生命線だということです。 なぜなら、トレーダーにとって一番大事なのは、トレードが続けられるということです。 そのためには大負けしない…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

為替介入の効果は限定的

政府が為替介入を行い、それを財務大臣が明言しました。 そして、円高の流れが止まりました。 これに対して「遅すぎ」とか、「無策の菅のイメージ払拭を狙った」等と批判が出ています。 しかし、大事なことは一国介入がどれだけ効果的かということです。 効果は限定的だという意見が主流です。 それに対して、こう思います。 大事なことは今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党代表選が終わって円高そして株は

昨日民主党の代表選挙が終わりました。 菅総理の勝利でしたが、予想通り、円高に大きく振れました。 この変化に乗じてFXで儲けた人は多いことでしょう。 しかし、一方で負けた人もいるはず。 小沢氏が勝利して円安に振れると読んでいた人はドルを買い込んでいたかもしれません。 そして、今は円高になったチャートをうらめしげに睨んでいるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日銀総裁の円高「容認」発言

昨日はドルが84円を大きく割り込み、夜になって83円51銭まで下落しました。 この下げの要因の一つに白川日銀総裁の発言があるように思います。 「金融政策は為替や株価に直接対応して上げ下げするものではない」 というものです。 円高状態でのこの発言は、円高が進んでも日銀の介入はないという趣旨に受け取れます。 いつ円安に転じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円の急騰と急落! 来週はどうなるか

昨夜のドル円は突如、85.2円まで急上昇しました。 不覚にもその時、売りを入れたまま見ていなかったので大損。 気づいた時には、ためらわず損切り。 その後、仕切り直しで売りを入れ直し、ドル円が下がるのを見守りながら何とか損は取り戻しました。 もっと大胆に売りを入れても良かったのですが、多少慎重になっていました。 また、結果論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だれが総理になるかで円高は止まる(?)

予想通り円安へ振れたのに、円高が進んでしまいました。 昨日の夜中には83円台まで突入しました。 欧米諸国は自国の通貨が安くなることを歓迎しています。 ですから、日本の政府は為替介入に消極的です。 それが、円を買っても大丈夫という安心感につながり円が上がっていくのです。 諸外国に対して日本は行き過ぎた円高は望んでいないこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more