判りやすい株価の動き

昨日、上昇しそうな気配を見せたドルも、やはり下がってきました。
今は85.35円前後をウロウロしています。

はっきり言って、短期的な動きを読むのは難しいです。
腰をすえてチャートを分析すれば、見えてくるかもしれないのですが、そこまでの時間が今はとれません。

その結果、短期的な買いを入れたりはしていますが、長期戦をにらんでいます。
高く売って、安く買うという取引を何回か行って、ドルの平均購入価格はかなり下がってきました。
取引仮定で「損」の確定は行いましたが、売買を通して着実に証拠金のポテンシャル(ドルが上昇した場合に証拠金が増える可能性)は上がっています。

一方、株価ですが、非常に判りやすい動きを示しています。
米国が上がれば、上がる。下がれば、下がる。
という米国追従を基本に置きながら円高になれば下がる、円安で上がるという傾向を綺麗に示しています。
つまり、為替を見ておれば大体の動きが読めます。

"判りやすい株価の動き" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント