円高ストップが日本を守る(?)

昨日書きましたが、総理、財務大臣の会見発表は円高を加速しました。
経済が判っていない、と言えば言いすぎですが、為替や株に無関心な大臣に幻想を抱いても駄目なんでしょうね。

円高と言うのは、高くなった円を更に買うことです。
そこまで高くなった円が買い続けられるのはなぜでしょう。
アメリカや欧州の政府が自国の経済のことを考えてドル安、ユーロ安を誘導したくなるのは理解できます。
でも、その意向が見えていたとして、円を買い続けるのはリスクがあります。
きっと円安に転じる瞬間に円を売り抜けるのでしょう。

また、円を保有して、どんなメリットがあるかも考えてみました。
今、日本は株安です。
円預金の金利は低いので預金による運用はないでしょう。
そうなれば、安くなった株を買っておくというのはオプションとしては、ありです。
中国が日本の国債を買っているようですが、これもありでしょう。
借金を抱えた日本ですが、これまでその貸主の多くは日本国民でした。
ですから、「いざとなれば」手がないわけではありません。
つまり、日本が経済破綻する前にワンクッションあるはずです。
今国債を買っても、すぐに損を抱えることはないでしょう。

株や国債が海外の投資家に買われ、一体日本はどうなるのでしょうか。

今、アメリカや欧州に対ししっかりとものを言え、市場に対して強いメッセージを発信できる総理が望まれています。
党利党略、はたまた、自分の議員の座を守ることだけを考えて総理は誰が良いかを考えている場合ではないでしょう。

思いつくまま書きましたが、まんざら見当違いではないように思いますね。

"円高ストップが日本を守る(?)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント