老人国家に未来があるかは、これからの政策しだいです。

「“老人国家”に未来はあるのか
~若年世代にのしかかる負の遺産」
という記事が日経BPネットに掲載されていました。

先の衆議院選挙が「ばらまき」合戦の様相を呈しており、
大きくばらまく民主党が勝利したと書いてあります。
そして、「国及び地方の長期債務残高は、すでに800兆円を超え、
しかもその拡大ペースを速めている。
これは、国民一人当たり650万円という途方もない金額である。」
ばらまきによって借金はさらに膨らみ、そのつけは、「若年世代に
回されることになる」とあります。

これでは若者はたまったものじゃないと思います。

しかし、未来に希望が持てる政策を打ち出せば若者も元気に
なりますし、財源をきっちり確保できるなら借金は膨らまないのです。

ばらまけば、税負担が増えるでしょう。
この時に、どこからお金を集めるかによっても、日本の未来は
変わってきます。

個人的には「ばらまき」反対ですが、政権を取った以上、新政権に
期待を持ちましょう。(持ちたいと思います)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック