FXで狙いたいのは、大きな利益と小さい損失

FXで負けない方法とか勝率を高める方法とかを「うたい文句」にすれば、本や情報商材は売れるらしい。
本当にそんな良い方法があれば人に言わずに自分だけのものにしておくのが一番賢いはずなのに、人に儲けさせてあげようという奇特な人が多いのでしょうか。

はっきり言って、負けない方法等ないと思います。

FXは勝率を求めるものではありませんが、80%ぐらい勝てるようになれば、結構、儲けも大きいと思います。
勝率は低くても大きく儲ければ良いと言う考え方もありますが、「言うは易し」で、なかなか実行するのは難しいです。

私が思うに、FXは勝つこともあれば負けることもある。
負けた時にどれだけ損を小さくできるかが大事だと思うのですね。
普通に取引しても60~80%ぐらいの勝率は出ます。
そこで儲けられないのは、負けた時の損失が大きいからです。
また、小さい勝ち方しかできていないからです。

では、負けた時の損失を小さくする方法ですが、それは「ある」と思います。
ただし、だれにでも当てはまる普遍の原理があるかどうかは、判りません。
言えることは、自分の負けパターンを知って、「負ける取引」を認めた上で、小さく負けることが大事と言うことです。

さて、自分の負けパターンについて自分自身が把握しているかどうか、がポイントです。
それには自分の負けパターンを分析することが大事です。

私自身は、このようなことを分析するのが好きなものですから、試行錯誤しながら分析しています。
人に対して、負けない方法を示すことはできませんが、負けパターンの分析をするアドバイスならできます。
いつか、色々な人の負けパターンを分析したいと思っています。

SLBG(スモール・ロス&ビッグ・ゲイン)こそ、私が目指す道です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック