「取引」の悪い癖は早い目に手を打つことが肝心

無くて七癖と言う言葉があるように、人はだれでも癖を持っている。
FXの取引においても、洗練されたプロフェッショナルなら無いのかも知れませんが、私には悪い癖があります。
それを失くすだけでも勝率アップ、儲けの増加につながります。

私の癖にもいくつかありますが、
同じポジションを複数持っていても、利益の出ているものしか決済しない
(赤字のものは待つ傾向がある)
という癖があります。
その後、トレンドが逆に動いて、残していたポジションの含み損が大きく膨らんでしまうことがあります。
利益を上げたからと言う甘さ(油断)が損切りを遅らせるのかもしれません。

また、決済で利益を確定させたときに、手拍子で同じポジションを取りに行く
という癖もあります。
その後、トレンドが変わることも結構あります。
筒一杯の所で決済するので利益も大きいですが、その先は反転してしまうのです。
反対のポジションを持つようにすれば良いのですが、勢いと言うのは怖いものです。
冷静な判断を失わせます。
それをするぐらいなら、決済しない方がマシなのですが、癖なんでしょうね。

上の癖は、同じポジションのものを一括決済するというやり方をすれば、防げることが判りましたので個別決済、一括決済をうまく組み合わせるようにしています。
下の癖は、何度も失敗し、反省することによって、大分、直りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック