結果的にトレンドに逆らっているようです

私のFX投資に対する考え方は、一言で言えばTTRです。
TTRの最小のTはTrend(トレンド)で、これは、投資のタイミングとしてはTarget(ターゲット)になります。

Trendに乗っておれば比較的安心して儲けられます。もし、逆らえば損がどんどん膨らみます。

ところが、ここ数日間は、含み損の解消待ち状態が続いています。
買っては下がり、売っては上がりの繰り返しです。

この原因は、上昇トレンドと思って買ったタイミングが、実は時期遅しでTurning Point(ターニング ポイント)だったのです。
含み損を解消した時に、勢いでトレンドに合わせて新規注文を出すのですが、やっと「解消できた」ということは、精一杯の所まで来ていたと言うことなのです。

このタイミングで注文を出すことは、Terror(テラー 恐怖)です。
これが二つ目のTの持つ意味です。

現在も、含み損の解消待ち状態です。
今晩こそ、損を解消し、反撃に出たいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年06月23日 19:46
こんばんは!実は私も同じような状態です(^^;先週同様、この後レンジが来るのではと危惧してます(-_-;)レンジだと疲れはて、利小決済してしまうからです。まだ下がるならもう1ポジしたいですが…様子見の時間が長くなりそうでちょっと退屈です(^^;
2010年06月23日 21:59
退屈でも辛抱が大事。
物事、悪いように考えればキリがありません。
一時レンジが来ても、それで収まるわけはありません。

この記事へのトラックバック