株安、円高で日本の経済は停滞か?

与党の参議院選挙大敗が日本の経済政策停滞を招くのではないかという懸念があります。

自民党が大勝し、その自民党は消費税を上げると言っているにもかかわらず、今回の選挙で民主党が敗れたのは消費税を持ちだしたからであり、消費税増税を言うのがタブー視されようとしているからである。

民主党の大敗は、消費税を持ち出したことによる反発もあるが、唐突だったこと、菅総理の発言がぶれまくりだったという点で消費税が影響していることは間違いない。
しかし、本当の敗因は公約を守らず、また、ばらまきと財政赤字の拡大で国民の期待を裏切ったことにあります。

ともかくも政局の混乱が予想されるにもかかわらず、株価の下落が小幅です。
これは、行財政改革を訴えた「みんなの党」が躍進したからかもしれません。
さらに、今日は円高が進みました。
選挙前に一旦円高が止まったかと思いきや、単純に円安とはなりませんでした。

この円高、株安傾向が改まらないと、経済は停滞するように思います。
相矛盾する結果によって、残念ながら、含み損はまた膨らんでしまいました。
今夜こそ、チャンスがあれば損切りです。(本当は米国株の動きを見極めたいのですが)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック