ドル安、ユーロ安の下落からチャンスが見えてくる

現在、ユーロ、ドルが下がり、含み損を抱えたまま反転するのを待っています。
私と同じような状態の人は多いのではないかと思います。
その理由として、下がるのが急だったことや、ここまで下がる理由が見当たらないことなどがあげられると思います。

しかし、このような下げは珍しいことではありません。
そして、これは大きく儲けるチャンスなのです。
下の表が6月21日以来の10日間(土日除く)のドル円の推移です。
終値ベースで行けば7月1日までの9日間で3.4円下がっています。

日付         始値   高値   安値   終値
2010年7月 2日  87.73  88.21  87.31  87.74
2010年7月 1日  88.35  88.56  86.94  87.60
2010年6月30日  88.49  88.76  88.33  88.39
2010年6月29日  89.36  89.40  89.22  89.32
2010年6月28日  89.32  89.47  89.04  89.35
2010年6月25日  89.55  89.77  89.19  89.21
2010年6月24日  89.93  89.98  89.21  89.54
2010年6月23日  90.48  90.58  89.72  89.83
2010年6月22日  91.04  91.10  90.30  90.54
2010年6月21日  90.36  91.48  90.26  91.00

2007年から今年の5月までを振り返って、10日間で3.5円下がったことがある月を調べてみました。
すると、以下の月で起こっています。
2007年 3月、7月、8月、11月
2008年 1月、3月、9月、10月、11月、12月
2009年 1月、3月、5月、7月、11月
2010年 5月

これを見れば、2~3ヵ月に1回は起こっている現象だということが判ります。
それぞれの要因を解析していませんが、かなり大きな下げが結構多い頻度で起こるということです。
この数カ月に1回は起こる急激な変化の時に儲けるか、損するかで大きな開きが出てくるのです。
今回、うまくいかなかった人も次回のチャンスを生かすようにしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック