「あなた方が大臣になって、いったい日本の円はどうなるの」

総理と日銀総裁が会談しましたが、「電話会談」でした。
民主党の代表選挙が気になっている総理にとって、円高や株価なんて眼中にないのでしょう。
そうでなければ、経済音痴ゆえ、じっくりと話をするのを避けたかったのかもしれません。
でも、政府と日銀が連携できていない(気持ちが通じ合っていない)というメッセージは伝えられたように思います。(いい加減にして欲しいですね)
そのような姿勢だから市場になめられて余計に円高や株安が進むのです。

今日、野田財務相は「為替介入」の可能性についてコメントしなかったとか。
戦略的にコメントしなかったのではなく、コメントできなかったのだと思います。
まさか財務相が経済音痴ということはありえないと思いますので、意図的にコメントを避けたのでしょう。
「コメントしない」ことが円高容認につながることすら理解できていない大臣では、これから国民、企業は思いやられますね。
やたら為替介入をちらつかせて逆効果になるのも良くないですが、今のような難しい局面で適切なコメントができるかどうかで、大臣の能力が判ります。
大臣としては「為替相場の過度な変動や無秩序な動きは経済・金融の安定に悪影響を及ぼす」と警告を発したつもりでしょうが、今の時代は「儲ける」ために円が売買されているのです。
投資家の理性に訴えて物事が丸く収まるはずはないのです。

経済政策に関連した所では、就職支援といって、また、ばらまき政策をしようとしています。
金を出すから試しに雇用してくださいと言えば、「ただ働きさせたい」企業は大喜び。
そんな企業にとっては、期間が終われば、何か理由をつけて正規雇用しなければ良いのですから、なんら就職支援にならないと思います。
ばらまくことしか知恵がない政府にはうんざりです。
経済がグローバル化し、世界の中の日本という観点で経済を考えておかなければ適切な対処ができない時代です。
よく勉強して知恵を働かせてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック