為替介入の効果は限定的

政府が為替介入を行い、それを財務大臣が明言しました。
そして、円高の流れが止まりました。
これに対して「遅すぎ」とか、「無策の菅のイメージ払拭を狙った」等と批判が出ています。
しかし、大事なことは一国介入がどれだけ効果的かということです。
効果は限定的だという意見が主流です。

それに対して、こう思います。
大事なことは今回の介入で2円も円安になったことです。
そのため、円を買えばトレンドに乗れたのは過去のことになりました。
もしまた介入されれば大損が見えています。
それが行き過ぎた円高へのブレーキになるはずです。

それでも国際経済の各国の思惑によって円が上がる可能性は高いです。
それらのことを念頭にトレードする必要があります。

"為替介入の効果は限定的" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント